 ringoで林檎ジャム 

高梨りんごの生態観察日記場。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

7年越しのおつかい

今から7年前の2003年、皆さん何をしていましたか?
学生でしたか?もう働いてましたか?
ringoは高校で絵ばっか描いてる日々でした。




7年前の2003年5月9日、小惑星探査を目的として開発された『はやぶさ』が打ち上げられた日です。
昨日6月13日の深夜、その7年越しの探査を終えて地球へ帰還しました。

hayabusa01
大気圏へ突入する『はやぶさ』


JAXAより参照

『はやぶさ』(MUSES-C)は、小惑星探査を目的に開発された探査機。
『はやぶさ』が探査するのは、地球の軌道と似た軌道を持ち、日本のロケット開発の父である故 糸川英夫博士にちなんで名付けられた『ITOKAWA(イトカワ)』という小惑星です。小惑星までイオンエンジンを使った飛行を行い自律的に小惑星に近づき、その表面から物質のサンプルを持ち帰ることを目的にしています。
これまで人類がサンプルを持ち帰った天体は月だけですが、月は変成してしまったため、太陽系初期のころの物質について知ることができません。小惑星は惑星が誕生するころの記録を比較的よくとどめている化石のような天体で、この小惑星からサンプルを持ち帰る技術(サンプル・リターン)が確立されれば、「惑星を作るもとになった材料がどんなものか」「惑星が誕生するころの太陽系星雲内の様子はどうか」についての手がかりが得られるのです。また地球上でサンプルの分析が行えるため、回収される量が少量であってもその科学的意義は極めて大きいといえます。
2003(平成15)年5月9日に打ち上げられた『はやぶさ』は、目標の『ITOKAWA』に到着し、科学観測を実施しました。その結果は、日本ではじめて科学誌「サイエンス」に特集され、重力や表面の様子など、小惑星についての数多くの新たな知見が明らかになりました。『はやぶさ』は2010年6月13日に地球へ帰還し、搭載カプセルをオーストラリアへ落下させ、その運用を終えました。




『はやぶさ』の事を知ったのは後になってからでしたが、帰還するという情報はTwitter上で話題となり、USTREAM配信などのネットライブで盛り上がりました。
夕方あたりからまだかまだかと皆揃ってそわそわし出し、USTはパンク状態w
JAXAの管制室や和歌山大学の通信配信は延べ10万人前後視聴していたそうな('ω'*

そして19時51分に無事カプセルの切り離しに成功し、22時51分に大気圏へ突入。その運用を終えました。

その際、JAXAの人が『はやぶさ』に地球の写真を撮らせる事に。
長い運用でボロボロになりながらも帰還した『はやぶさ』へのプレゼントだとか。
その写真がこちら。

hayabusa02
ボロボロになりながらも撮影に成功した『はやぶさ』から見た地球。

宇宙に携わる人たちって本当にロマンティストです^ω^
これを観てる間ずっと「トップをねらえ!」が脳内再生してましたw
皆そうでしょ?


7年越しのおつかいを終えて昨日無事帰還しました。
本来3年前に帰還する予定だったのですが、故障や通信途絶など様々なトラブルで昨日まで延期されていたそうな。
その間ずっと1人で孤独に作業し続ける『はやぶさ』。
夏の大三角形の下をすうっと通り燃え尽きた『はやぶさ』を観ながら皆それぞれに「おかえり」「おつかれさま」と労いの言葉を贈っていました。



おかえり。

スポンサーサイト

| 林檎の備忘録 | 08:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rinrinringo0708.blog48.fc2.com/tb.php/70-eabc9b05

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT